EVENT&TOPICS

イベント・トピックス

『学んだことで社会と繋がる喜び!」I・Hさん(小5)エキスパートコース/成長ストーリー01*

■PROFILE
I・Sくん(小5/エキスパートコース)Swimmy高田馬場本校(2017.11~)
小さい頃から、何か「自分で創り出す」ことが好きで、小4の秋からMESH・micro:bitを使ったベーシックコースに通い始める。
現在は、エキスパートコースに進級し、与えられた課題に「自分なりのひとひねり」を加えるのに夢中。

「大切なのは自分の学びで、社会とどう繋がるか。」

「どんなひとひねりを加えようか。」
プログラムに夢中のいま。

平日のエキスパートコースの授業が終わり、駅まで送り届ける帰路での彼のアイディアは止まらない。
「この製品にさ、今日やったmicro:bitの機能を使えばできるんじゃない?」「あー、自分のアイディアがMicrosoftの人の耳に入ったらどうしよう。」

世の中、自分の身の回りの出来事やものを自然と「自分ならどうするかな。」と頭の中で変換できるまでに成長した彼。そして、「自分の学んだ知識で社会を変えられる。」と自分の力、可能性を信じられる彼。

彼が入校してから、今に至るまでをご紹介したい。

Swimmyとの出会い

彼がスイミーで学び始めたのは2017年の11月。
渋谷でのワークショップに親子で参加し、「学んだことを、どのように現実世界で表現するか。」というコンセプトに共感し、通学に1時間かかるにも関わらずスイミーで学びを決めた。

「作りたいものを作るためには、どんなプロセスが必要か。」
自然と組み立てられるように。

入校当時、彼の頭には「たくさんのアイディア」があったが、実際にどのような仕組みと機能を組み合わせることで実現するまで頭の中で想像することはできなかった。
そんな彼が自然と「アイディアを形にするまでのプロセス」を頭の中で自然と想像できるようになるのに一役かったのが、「MESH」(ベーシックコース使用教材)での学びだ。
MESHは、「〇〇したら、〇〇する。」というプログラミングの基本的な考え方は勿論、物事の目標設定から、ゴールまでの物事の組み立て方を養うのにとても有効的な教材になっている。

彼も、MESHを使った学びの中で「どんなことを実現するにも、作りたいものを決めて(目標設定)、順序立てて組み立てないと実現できないのだな。」ということを直感的に学んだ。

学んだ知識の「アウトプット」の場を世界へ

彼は、ベーシックコースでの学習培った知識・創造力を使って、 今年3月に開催された「レノボジャパン×micro:bitのmicro:bitコンテスト」に出場に挑戦した。結果、最終選考まで残ったのち、micro:bit財団賞を受賞した。 彼の受賞したアイディアは、についてはこちらから。

「次は、もっとバージョンアップして一番を取りたい。」

残念ながら、今回彼が目標としていた最優秀賞は取れなかったが、彼にとって次のコンテストに向けたモチベーション、 そして学んだことを使って「社会の課題を解決する。」ということについて改めて知るきっかけになった。

「自分のアイディアを自分の知識で形にした経験」は彼にとって大きな成功体験の一つになると思う。


■プログラミングスクールスイミー

スイミーでは、確かな「プログラミングスキル」を身につけてもらうことは、勿論大切にしている。
ただ、今後活躍する人材は「自分の持っているスキルを使い、どのようなアウトプットができるか。」だと考えている。
プログラミングスキル習得へのサポートにあわせて、プレゼン・ディスカッション指導も行なっている。


・MESH無料体験は、こちら。 microbit無料体験はこちら

無料体験教室のご予約・ご質問・不明点などお気軽にお問い合わせください。

スイミー運営事務局
受付時間:
平日 10:00~18:00 /
土日 10:00~17:00
03-6457-6893

2019 © All Rights Reserved. Swimmy by SAI

無料体験教室 入校申し込み