• slidebg1
    さあ、プログラミングの世界へ遊びに行こう!
    2020年には小学校でもプログラミングが必修に。
    親子で楽しみながら学ぶ体験を、ひと足先に!
  • slidebg1
    遊びながら能動的に学ぶ
    プレイフル・ラーニング『SWIMMY(スイミー)』
    リアル体験、経験、創造ための多様性のある学びのコミュニティ
    Cyber Physical(サイバー・フィジカル)の世界観
  • slidebg1
    子供たちの『創造力』は未来の可能性を広げる
    『SWIMMY(スイミー)』は子供たちがプログラムを”書ける”ではなく、”何を書くか”を大切にしています。
    論理的思考によって子供たちの未来の可能性を広げる『創造力』を育みます。

プログラミングの世界へ遊びに行こう!

2020年からの小学校でのプログラミングの授業が必須化される最大の目的は、プログラミング思考が単なるIT技術者や世界中でプログラマー育成することを超えて、 プログラムを理解し、論理的な思考で仕事をする21世紀の職業に就くすべての人材にとって必要な能力であることが世界的に認知されてきているからです。

遊びながら楽しみながら能動的に学ぶ!

プログラミングを学ぶ上で誤解されやすいことが「プログラミングは難しい」という先入観です。
プログラミングは国語や算数というよりも、図工や体育に似ているといわれています。
決められた正解を導くのではなく、自分なりの正解を自分のペースで、小さな結果を積み上げて習得し、 一つ一つの結果が子供たちの自信とやりがいに繋がっていきます。

子供たちの『創造力』は未来の可能性を広げます!

プログラミングで養われる論理的思考は、単にコンピューター上で動くモノを作るだけではありません。
様々なビジネスや仕組みを理解し、解決策を導く手段であり、他人に物事や自分の考えを伝えるコミュニケーションを円滑に進めるためのツールでもあります。

Playful Learning(プレイフル・ラーニング)
『SWIMMY(スイミー)』とは

『SWIMMY(スイミー)』はこれからプログラミングをはじめるお子様に向けた
論理的思考・創造力を身に着けるための、遊びながら学ぶ段階的カリキュラムです。

従来のプログラミング学習は、算数のように一から基礎を積み上げて行く座学のスタイルを踏襲したものが主流でした。
しかし、せっかく学びの挑戦を始めたのに途中で挫折をして、プログラミングが逆に嫌いになってしまうことが多々ありました。
  本当は、プログラミングはゲームよりはるかに知的で面白いものということを実感してもらうことが先決です。
『SWIMMY(スイミー)』は、プログラミングを通じて新しいアイディアを生み出す楽しみの原体験を提供することを主眼にしたプレイフルな超体験講座を準備しました。

『SWIMMY(スイミー)』が大切にしていること

Playful Learning(プレイフル・ラーニング)

遊びながら能動的に学ぶ。学ぶことを好きになること

CS for ALL(コンピュータ・サイエンス・フォー・オール)

プログラミング教育を通じて「論理的思考」「創造力」「コミュニケーション力」「グローバル視点」を育みこれからの未来を生き抜く『力』をつける

Real World Oriented(リアルワールド志向)

現場、現物、グループワーク、プレゼンなどのリアルワールドの実体験や環境を大切にした学習を目指しています。

『SWIMMY(スイミー)』と一緒に楽しいプログラミングの冒険を!
2017年8月のプログラミングスクール開校に向けて

『SWIMMY(スイミー)』は2017年9月より本格的なプログラミングスクールを開校を予定しております。
CSforAll(コンピューター・サイエンス・フォー・オール)を基軸概念としてPlaysful Learning(プレイフル・ラーニング)を取り入れ、
教育のプロである大学教授・講師をメインメンターとして『SWIMMY(スイミー)』独自のカリキュラムを展開します。

事例紹介

『SWIMMY(スイミー)』ワークショップを実施し、
様々な方々に好評をいただいております。その一例を紹介致します。

みんな前のめりで夢中!

2人1組になり協力しながら組み立てています。保護者も気になりみんな前のめりで取り組んでいます。

出来たものを発表!

自分たちの作品を発表します。みんな他の組が作った作品発表を真剣に聞いています。

意見交換!

他の組が作った作品を触りながら意見交換をしています。